© Copyright (C) 2017 泰阜村の手工芸 All Rights Reserved.

October 29, 2018

June 25, 2018

Please reload

Recent Posts

11月23~25日ファミリー物産フェスタ in 泰阜村

November 22, 2018

1/2
Please reload

Featured Posts

平岡駅の秘境駅号おもてなしイベント第一回目

November 13, 2017

 

平岡駅で行なわれている、飯田線秘境駅号のおもてなしイベントです。

1回目と2回目があり、今回は1回目を写真に撮りました。

嵯峨里は常に出店しています。山峡工芸は1度出た以降、いつも品薄で出店していません。

嵯峨里の作品数は、作者も数えていないくらいの多さで、見る度圧巻です。

 

嵯峨里の横では・・・ クラフトではないのですけど、ここは魅力的なので紹介します。

 

 こちらは、源産業さんです。

泰阜村の山の奥深い地区「栃城」から、くせも臭みもない瑞々しいアマゴの塩焼きと、香ばしくほろ甘い手作りの五平餅を、列車のお客さんたちにお届けです。

人の好い笑顔で屈託なく話してくれる奥さんと、正直そうなはにかみ屋のお孫さんの二人で出店されています。

 

 

余談ですが、アマゴ塩焼きが食べたくて機会を待っていた私は、2本買って食べました。 

私は海辺育ちなので、川魚は滅多に食べれませんでした。

アマゴは期待よりもずっと美味しくて、清い山中の水に生きた魚の良さを味わうことが出来ました。

1本、250円です。千円札で4尾も食べることが出来ます。

そして、4尾は多そうに思えるでしょうけれど、あっという間に食べつくすことが出来るくらい美味しいのです。

 

 

 

 アマゴの横には五平餅。

丁寧に米をついて串に形取って作ったご飯に、甘くした味噌とクルミを練って塗って遠火で焼いています。

他所の県から来る人たちも、五平餅が大好きな人はたくさんいますね。

少し焦げ目が付くと、漂う香ばしい香りに輪をかけてご馳走になるのです。

 

 

 

 

2回目のイベントは15日水曜日から18日の日曜日まで。

どうぞたくさん食べて、美味しい思い出を持ち帰ってください。

 

 

話は嵯峨里に戻ります。

 

 

 

幾つあるのかを質問すると、「数えたことない」と即答です。

作者がよくこぼしている言葉に、作るよりも並べるほうが大変、というのがあります。

見ていると本当に大変そうです。 おびただしい膨大な数。

 

 

 

並べていると疲れちゃう、とぶつぶつ言っているのですが、笑って聞き流せばよいものか困ります。

実に見事な、その細工。その色。ありきたりの言葉ですまないのですが、温もり溢れる作品たち。

 

 

 

桜の葉が舞い落ちる中、雨上がりの晴れた午前中に嵯峨里の作品が風に揺れていました。

作者はイベント中に時間があるとき、右に写っているギターを弾いていることがあります。

 

ギターは作ってないから写さないでよ、と言っていました。

でも、ギターの音色が響く秋の枯葉の道なんて、本の中みたいじゃありませんか。

作者の意思はほっといて、私はこのギターもゲストと思って載せることにしました。

 

 

 

2回目は水曜日からです。

ドライブがてら、天龍村までお出で頂いたら、嵯峨里の色とりどりの素晴らしい作品たちと、

美味しい深山の味を、是非愉しんで下さい。

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

Search By Tags
Please reload

Archive

​泰阜村ハンドクラフト記

泰阜村の手工芸
Yasuoka village Handicrafts